生活立て直しはできる?夫婦で行った債務整理の後の住宅購入

意外に思われるかもしれませんが、ご夫婦で債務整理を行うというケースは珍しくありません。
というのは、たとえば自営業者の場合など、事業資金を借りるのに夫の債務の保証人や連帯保証人に妻がなったり、夫だけでは借入が足りず、妻が借り入れをして今度は夫が保証人になるなどしたりすることがあるからです。
サラリーマン家庭の場合でも、失業により生活に困窮し、夫婦でめいいっぱいにお金を借りて生活していたものの、収入が追いつかず返せなくなったというケースがあり得ます。
どうしても返済不能という場合、全てをリセットして新たにやり直しを図るためにも、債務整理は有効な手段となります。
その場合、民事再生手続きをのぞき、住宅も失ってしまい、債務の返済に充てられます。
生活がどうにか軌道に乗ってきて、改めて住宅が欲しいと言う場合、住宅ローンを組めるかが心配になりますが、信用情報機関に登録された事故情報が抹消されれば、可能性が出てきます。

新着記事

電力自由化に伴う電力会社の上手な選択法

資格を活かして、ネイルサロンに転職を決めました。

資産の分散先に不動産投資を選びました


リフォームで快適な暮らし

チャンスを逃さないためのSESパートナー募集

マルチドメイン対応のレンタルサーバー

マリッジブルー打開策は結婚指輪にあり

素敵な思い出を沖縄の結婚式場で作る

城本クリニックの評判をチェック