フリマで担当する仕事

以前、新聞でフリマに挑戦する若い女性が増えているという記事を読んで、自分もちょっとやってみたくなったことがあります。
貰ったけれど使わないハンカチやタオル、買って一度だけ袖を通したけれど、その後着ていない衣類など、家の中を探してみるとけっこう箪笥の肥やしになっているものって多いそうです。
確かに自分自身で考えてみても、そうしたものはたくさんあって場所をふさいでいます。
それらを持って行ってフリマで売ることができたら、かなりわくわくするのではないでしょうか。
きれいにラッピングをしたり、袋に入れたりして準備する時間も、こまめな作業が好きな私にはもってこいで、思わずこの仕事は任せて、と言いたくなると思います。
けれど実際にフリマ会場に行ったら、接客が苦手な私はおそらく一緒にフリマをするであろう姉に、先頭に立ってやってもらうことになると思います。
姉もさほど人付き合いが得意な方ではありませんが、デパートに勤めていたことから接客経験があることと、私よりも人が寄ってきて声を掛けやすい雰囲気を持っているので、販売には姉の方が向いているのです。
私はせっせと商品を準備したり、袋に入れたりして、商売品の管理に努めながらフリマをすることになると思います。フリマネ ジェーピー - アルバム フリマ