電力自由化に伴う電力会社の上手な選択法

2016年4月に開始される電力小売り自由化に伴い、電気事業への新規参入が自由になり多くの企業の参入が決定しています。
今までは決められた電気事業者のみしか電力販売が許されていなく、電力を使用する契約者は地域ごとに決められた電気事業者と自動的に契約を結ぶ方式が採用されていました。
その為今回の電力自由化によって、消費者も自由に契約する電気事業者を選択出来るようになりました。
各電気事業者ごとに様々な特徴があり、消費者にとって魅力ある点も事業者によって異なります。
例えば、新規参入した大手企業は、既存の事業と電気事業との同時割引や、ガスや通信会社は他インフラと電気料金の同時契約による双方のセット割、メーカーは技術力を生かした省エネ機器と安定供給の提供等です。
消費者は上手に電力事業者を選ぶ事により、今よりも電気料金を引き下げる事も可能です。
けれども、多くの事業者を同時に比較し、適切に選択するのは容易ではありません。
その場合には、電力会社の比較サイトを利用するのが良いです。
各電力会社毎の特徴や、提供している料金プラン等が分かりやすくまとめてあり、同ページで電力事業者同士が簡単に比較出来るので、自分の事業者決定に活用できます。