種類によって全然違う。包茎の種類と深刻度を解説

包茎というと、皮が被っていて亀頭が露出していないことを多くの男性が思い浮かべますが、これは間違いです。
包茎には、①真性②仮性③カルトンの三種類があります。
真性包茎は子作りが出来ませんし、皮の内部に垢がたまって不衛生ですので必ず治療が必要です。
それよりも問題を放置しがちなのが仮性で、日本人男性のほとんどはがこの症状なのに治療をしていないと言われています。

仮性包茎とは、勃起時に皮を剥くことにより亀頭を露出することはでき、射精も問題ないのですが、通常時は皮が被っていて亀頭や先端が露出していない状態です。
真性と同様、皮が被っていることにより不衛生で、何より普段亀頭が露出していないため刺激に弱く、勃起力が強化されません。
早漏や勃起力不足で悩んでいる人のほとんどが、この仮性による症状が原因と言っていいでしょう。
仮性が原因で、恋愛に対して積極的になれないということもあるのです。

仮性でも治療は必要です。
男性性器治療の最先端を行っているのが、上野クリニック(https://www.ueno.co.jp/)になります。
多くのノウハウを持ち、傷の残りにくい治療を心がけていますし、術後のアフターケアも万全です。
仮性だからといって放置せずに、然るべき対処を行いましょう。