似ているようで違う金融職について

トレーダーは「デイトレーダー」と混同されやすい職業です。
証券会社や投資信託会社に所属しているトレーダーは顧客から預かっている資金を運用するためのアドバイスを行います。
そのため、自身の金融機関を自分で運用するということは業務内容に含まれません。
かなり似ている肩書きになるため間違えやすいため気をつける必要があります。

では、その他の金融職と比較するとどのような違いがあるのでしょうか。
ディーラーは自分自身で直接取引を行います。
自分の資産を運用対象として為替取引を行い利益を出していくことを求められるのです。
そのため、利益を出し続けることが出来れば非常に高給で雇われるという特徴を持っていますが失敗が続けばあっさりと解雇になるという特徴も併せ持っています。

トレーダーとして活躍する金澤幸雄は常に世界的な情勢の把握を行なっています。
それは、すべての経済は連動し、あらゆる金融資産価値に影響を与えるからです。
そのすべての出来事や動向によって相場がどのように動くのかを予測した上で顧客である投資家への金融資産の売買タイミングを提案するのです。
そのため、一日中パソコンと格闘しながら世界中にアンテナを伸ばしています。