勉強へのモチベーションUPは成績に比例する。最近話題の進学塾が柏に登場です。

この春、長女が中学生になります。
娘曰く、新しい生活が始まる上で希望と不安で半々を占めているそうです。
希望とは、新しい友達を作ったりやりたかった部活動を始めることのようで
不安とは、やはり「勉強」についてでした。
小学生の間は、女子ということもあり勉強や宿題はコツコツやっていたようです。
成績は親の目から見て、中の上くらいといったところでしょうか。
ですが、高学年になってきたあたりから算数や理科に対しての拒否反応が
でてきた次第です。
高校生を持つ親御さんから聞くアドバイスの中で、
「小学生高学年から中学一年の間に習う算数や理科がわからなくなると
高校受験や大学入試の際に本当に困る」という話をよく耳にします。
やはり、数学に変わる前の基礎の算数や理科を理解できていないと
中学に上がった時に周囲についていけなくて苦労するとのことです。
娘の進学への不安の一因は「勉強」です。
そこを払拭してあげることで、本人に自信をつけさせてあげたいなと思いました。
主人とも相談した結果、娘の内気な性格も考慮して少人数制の塾への
入校を検討した次第です。
できれば勉強を教えるだけでなく、勉強のやり方や人とのコミュニケーション、
そして社会に出ても通用する能力を学んで欲しいと思い私たち夫婦が選んだのは
地元の駅チカにある近所では有名な柏の進学塾でした。
そこなら、個別指導から10人程度の少人数制の指導を行ってくれるとのことで
週一回90分というシステムがあるのも嬉しいところです。
これなら希望する部活動との両立ができますね。
子供のモチベーションを上げていくことも親の役目だと思うんです。
それは勉強にしても部活動や友達との交流にしても
向上心を持って取り組むことはきっと将来に繋がるステップになると信じてます。