誕生日祝いはかどわきでゆっくり食事

幼いころ、よく勉強を教えてくれたり、相談に乗ってくれた姉。
誕生日はお互いお祝いを
欠かしませんでしたが、社会人になると共に過ごす時間が減ってしまいました。
最近では姉の結婚が決まり、ますます会えなくなると思うと少しさびしいです。
そんな姉に感謝の気持ちを伝えようと、今年の誕生日は大人っぽいお店でご飯をごちそうにな
ることに決めました。
場所は、姉の職場が近い麻布十番で、かどわきという日本料理屋さんに予約を入れました。
和風で京都を思い出させる建物が、着物教室をしている姉にぴったりだと思ったからです。
まずはお酒で乾杯。
当然コース料理から始まるものだと思っていましたが、最初に出されたのは前菜ではあ
りませんでした。
あえて常識をくつがえし、お飲み物にあった料理を出しているそうです。
また、かどわきは意外性を追求するのがうまいと思いました。
大根と洋ナシ、白子、トリュフを使った
お料理は、見事難しいとされる和風と洋風をうまく調和させています。
松茸ごはんをもとに思いついたというトリュフご飯も、遠くから常連さんが通うという代物です。
かどわきでは料理の鮮度が落ちないように出すタイミングを考えたり、高級な食材や食器を使うだけでなく
同じ食材でも季節ごとに風味を変えたりと、見えない部分にまで料理長のこだわりが隠されています。
都会にいながらも自然の中でゆっくり食事しているような空間に癒され、私たちは楽しい時間を過ごすことができました。