コロニアル屋根塗装で定評のある神奈川

皆さんは日本の住宅の多く使われている屋根の素材が、一体何なのかご存知でしょうか?
ちなみにそれは「コロニアル」と呼ばれる、非常に薄くて軽い素材が使われている事が多いんですよ。
皆さんもよくご存知だとは思いますが、日本というのは世界有数の地震発生国ですから、コロニアルのような素材が好んで使われているというのも至極当然であると言えるでしょう。
しかしこの素材も決して良い面ばかりという訳ではなくて、コロニアルには補強材としてアスベスト(石綿)を使用した物もあって、色落ちすると劣化が加速しやすくアスベストの広範囲にわたって飛散しやすいというデメリットもあります。
ですのでコロニアル屋根を採用されているお宅は、定期的に屋根の塗り替え工事を実施してやりアスベストの飛散を防止してやる必要があります。
そうする事によって同時に屋根の耐久性も維持でき、雨漏りによる住まいの骨組みの腐食などもしっかりと予防できるという訳です。
なお一般には8年から15年ぐらいの周期で塗り替えてやるのがベストだと言われていますので、もしお住まいの屋根がコロニアルで周期に当てはまるという方は、ぜひ一度専門の業者さんに診断してもらう事をオススメします。
なお神奈川にある『サンテック』は、これまでに数多くのコロニアル屋根塗装工事を請け負ってきたという確かな実績がありますから、関心を持たれたという方がおられましたら一度話を聞いてもらってみてはいかがでしょうか?