怪我や外傷を受けた時は、整形外科を受診しましょう。

スポーツ時に外傷を受けてしまったり、交通事故の被害にあってしまい、怪我をしてしまった経験のある人が大勢おられます。
手指や足、膝、腰、脊髄などにダメージを受けてしまい、治療を受けたい人は玉川病院の整形外科を受診してみると良いでしょう。
玉川病院の整形外科では、信頼できる医師が在籍をしており、レントゲンやCTなどの医療機器を使用して検査をしたり、視触診などをしてもらえます。
理学療法や東洋医学内科などと連携をした治療を行っており、外傷などでダメージを受けた運動機能を回復させるための治療を行っています。
加齢が原因で、変形性膝関節症や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの病気に罹る人が増えており、腰の痛みや関節痛などで生活に支障をきたしている場合は、早めに整形外科を受診して治療を受ける必要があります。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病気は、手術が必要になるケースも少なくありませんが、衛生管理を徹底した無菌状態の手術室で治療が受けられあすし、麻酔を行うので手術中は痛みを感じることはありません。
手術を受けた後は、リハビリを行う必要がありますが、温熱療法や運動療法などが受けられるので、少しずつ辛い症状が改善されてきます。